忍者ブログ

夢百物語

昼間っから夢みがちないい年した銀高狂人の妄言・暴言垂れ流しブログ。 ブログ内容の詳細はカテゴリーの「このブログについて」をお読みください。

   
カテゴリー「銀高」の記事一覧

100冊超えると何かが起こ…ればいいな



  何が百冊超えたって…。あの…同人誌が…(照)。ついに一つのカップリング(銀高)だけで100冊超えたので、銀高召喚出来るんじゃないかと思ってたんですけど、どうやら1000冊超えても召喚出来るものではないらしい。100冊超えたらもう止まらなくなるぞと1000冊保持者から言われてしまいました。1000って数字が改めてズッシリくるな…。可能なのか、本当に…? 未だに自分で情報収集が出来ないから、これは時間かかりそう…。

 下手なクセに自分でも同人誌出してしまったりして、今年は銀高年でした。また出したいけど、早速行き詰まってますからね。いくら好きでもアレをネタにするのは無理だったんじゃないかと思ってます…。57巻と58巻の内容について…。


 当時57、58巻読んだ時の印象と、今改めて読んでみた印象って結構違うなぁと思いますね。当たり前だけど…。でも、最初の印象を引き摺るタイプでもあるので、当時と変わらず直視出来ないですね。

 そう言えば、読む側としては全然気にならなかったのに、描く側になるとまるで思い付かない描写というのがありまして…。これが、58巻読んだら益々思い浮かばなくなりました。

 それは例の10年の事なんですけども。あの攘夷戦争終結後も時々会ってるっていう姿が、全然思い浮かばないんですよ。桂と高杉だったら、ちょっとは顔合わせててもおかしくないかなと思うんですけど…。お互い攘夷活動してるし。 いや、心情的には会ってて欲しいですよ、銀高。 でも10年たまったアレコレがぶつかり合うってのがいかに楽しいかは58巻っていう教科書で学べるって知ったからねぇ…。

 それで…10年会ってない事を前提に考えると…祭で会ったあの時の高杉のテンション…。あれは結構上がってたんだろうなって思って見るとカワイ…。いや、なんか酔っ払いっぽかったけど…。酔っぱらってるって改めて思うと…。当時は高杉の狂気を出すための演出としてのあの表情だったんだろうけど、もう…あれは銀時愛しいの表情にしか見えなくなるから人間の脳ってのは本当…。


 こうやってダラダラ書いてみると、銀時が高杉に対して戸惑いがあるのではないかとちょっと思っちゃったりするんですよね…。平静を装ってるというか、もしかしたら銀時の方が色々と言いたい事とか吐き出せずため込んでいるのではないかと…。口にするのはいつも上辺の、その場の空気読んだ言葉ばかりでさ、本音で話してないんだよ、この人はさ…。相手が求めてくれればそれなりの態度で応じるけど、それ以上は決して踏み込まない。 相手次第のこの人が、何かぐっと言わずにいるってのはなんか…。 キツイな、銀高は…。

 なんか銀時の悪口言ってるみたいですが、あくまで私なりに感じた銀時の一面なので。全くもって正しくない見解だと思います(笑)。こういう風に見ると銀高が何倍も楽しく見えるぜっていう、自己満足の考察擬きです。
 
PR

初めて物語

銀高

初めては沢山あるけども…。

 銀高はいつが初めてえっちでも美味しくないですか…!?

 出会ってすぐでもいいし、13歳前後でもいいし、攘夷時代でもいいし。祭りの時もいいし、30代でも40代でも…もう年取ってもいいよ…。

 多分それほど多くないと思うんですけど、私は高杉性的に淡白派というか…。淫乱とかビッチではない方が燃えるというか、可愛くてしゃーないというか…。それを銀時が、開発?していく様が見たい。小学生中学生みたいに茶化しながらも心ン中では真剣に開拓していく銀時良いなって。
 というか、人様の作品見てると私だけキャラ感が勘違いしてるんじゃねーかって位違ってて、恥ずかしいです、今更だけど。一般的に好まれる銀時と高杉が描けない…。


 
 えっちじゃなくても初めてを思い浮かべると楽しいなぁ…。例えば、攘夷時代のあの装束。あれをお互いが見た時、なんて思ったのかなぁと考えていたんですよ。

 白夜叉のあの格好見た高杉はなんと思ったのか…。だって白装束だよ…。なんか色々な意味にとれて複雑…。

 っていうか、あの人鬼兵隊の事レゴ呼ばわりしやがって…。どんだけ自分以外が高杉の周りにいるのが気に入らないんだと思ったけど、そういう意味じゃないのは判ってるよ。でもそう思いたい。あまり言いたくないけど、高杉の事を祀り上げるのも気に入らんだろうな、あの男は…。

 絶対絶対自分が高杉の初めてじゃないとイヤだろうな、顔には出さないだろうけど。出さないのが奴の怖い所で…。出さないし、下手すりゃずっと不満も口にしないかもしれない。くだらなくてどうでもいい事はネチネチぐちぐち口にするだろうけど、本当の気持ちなんて今でもまだ口にしてないんじゃないかと思ってるよ…。本人いない所でなんか色々言ってるけど…。


 …やっぱりえっちしてなくても銀高…。

禁断の恋

カリカリくん

 ツイッターの「週刊銀高」(@gntk1w)さんのお題で、「禁断の恋」というのが出たんですよ。 禁断ってなんとなくこういう意味だろうなって思ってたんですけど、改めて調べてみたら、「ある行為を禁じる事」と書いてあって、つまり禁断の恋という事は、恋をするのを禁じるという意味か…。なんか燃えるなと、皆とっくに気付いてただろうことを今更噛みしめておりました。

 八高だと禁断感ありますね。なんせ教師と生徒…。絵は同級生銀高になってしまってますが、本当は逆3Z(生徒銀時×高杉先生)だったんですよ、高杉先生が描けなかった…。

 
 銀高はもうほぼ公式といってもいいくらいの仲なんですけど(すみません)、それなのになんとなく禁断感があるような気がしてたんですよね。最初のポジションが、もう敵同士って感じだったからかな。 よく判らないけど、高杉ラスボスの位置にいたんでしょ? 勇者とラスボスの恋なんて禁断以外のナニモノでもないんじゃあ…。

 FF8の裏話(?) みたいじゃん…。(そうか…?)
 ※ゲームの内容については追記しておきます。ネタバレイヤな人は見ないでね。


 それと、これも思い込みだけど、お互いがお互いに対する本心をあまり言おうとしないところかな…? 将軍暗殺編まで10年かかってる事を考えれば…。
 なんでも腹の中をぶちまけるのがいい関係かって言ったらそうでもない。 言っちゃいけないこともあるんだと、相手に何を言ってはいけないかという事が判っているというのも深い関係だからこそなのでは…? 見せたくない顔もあるだろうし。アカの他人の方が相談しやすいって心理あるじゃない。近しい人間には見せられないものがあるのかもしれない…。

 (そんでな…漫画としては、切羽詰まって思わずポロリと出た本音にギャー!! となるわけで。)

 
 実はこの二人、一緒にいられなくたって幸せそうな気がしますよ。勝手に相手の事思い浮かべて、ニヤリと思い出し笑いしてるだけでも多分銀高は幸福なんだろうなって。アイツ俺の頭ン中にいるからいいやとか…。 

 ちょっと待て…? 


 まぁ、仕方ないわ。 銀高だから…。
(全部銀高だから仕方ないって言って考える事を放棄する)

ぢゅ

 気がついたらちゅっちゅさせてニヤついてるんだけど、かわいすぎじゃないですか…。
駄目…これは駄目なヤツ…。

 禁断症状出てしまう…。ちゅっちゅさせてしまう…。

・・・つづきはこちら

ハグの日すべりこみ

ハグの日2017

 わー、今日は8月9日ハグの日だよー!!

 そんなわけで村塾銀高ハグです。軽率に抱き合ってほしい可愛さ。銀高はいつもいつまでも美味しい…。


 以前バックハグ等について調べた事があったんですよね…。単純にバックハグの写真探してたんですけど…。ネットで画像検索すると、結構女性からのバックハグの画像が多いんですが…。何故?

 ついでに背後から抱き締める行為についての男女の心理を書いたブログ?記事を読んで、全部銀高に当てはめて考えてたんですよね~。どっちが背後から抱き締めるかでもちょっと違う…。

 
 当たり前ですが、バックハグする時の心理で保護本能と母性本能があるらしいのですが、似ているようで違うんですねぇ…。

 …女性じゃなくても母性本能はある…? 本能って何かね…?

 銀時からのバックハグだろうが高杉からのバックハグだろうが、どっちにしろこの二人が一緒にいるってだけで辛いんだ、どうしてくれる。 辛いんだよ、何故か… 



 公式で付き合ってたりしたら嬉しいというより狂死するんじゃねぇか…。わー、嬉しい、やっぱりそうだったんだね!って喜ぶよりは「なんでだ!!!!」ってずっと転げ回ってる。そんで浅い考察を始めよう…。まぁ、100パーないから、大丈夫。ショック死の可能性はない。もう銀高の過去は全部出し尽くしたはず…。あれが全て…。

 もし原作でマジで過去に何かあったら100ページ越える銀高ドエロ漫画本出してやんよ!! 

銀高考

ちゅ

 銀高の話なんですけども。私にも地雷?のようなものはありまして、でも別に絶対読めないとかじゃないので特に人に言う程でもないというか…。これって地雷って言っていいのかどうかも…。ふわふわした感じだからそれほどでもないのかも…。


 それで、まぁついったの鍵垢でまた銀高にセックsは必要かとか、話ふってしまって、話に付き合ってもらったんですけど、結局セックsなかったら原作だから。原作が銀高だからという結論に…


 銀高狂はこれだから…(笑)


 地雷までいかなくても、銀高狂にも拘りというものがありまして。読むだけだったら結局何でも読んでますけど…。そういう意味では拘りないんですけどね。


 銀高が好きなのか、セックsが好きなのかという話になったんですよね…。それ言ったら別にセックsなくてもいいわってなるじゃないですか、銀高狂だから。

 でも、よく考えてみて、それならもう原作が銀高なんだから、原作読んでればいいじゃないって…。あれってセックsないだけで銀高だからね…。


 あぁもう、何言ってるんだ…。


 もし、二次創作で読むなら…。原作にはない銀高を…原作にはない銀高とは…。原作がこの上無い銀高なのだから、二次創作でできる事ってほとんどない。間を埋めていく作業しかない…。

 私銀高は銀高だから、この二人にどうなって欲しいとかこうなって欲しいって欲求が少ないかもしれない…。

 ただ、なんで?って部分はある。なんでこうなったの?っていう疑問。そこは原作で語られる事がないだろうから、それの答えは想像するしかないというか。
 私が疑問に思ってる事って他の方からしたらつまらない事で…。局所的すぎて、描いてもあまり伝わる気がしなくて…。ただの疑問ですからね。私の性癖や思想を二次創作でも押し付けるつもりはないから、あくまで淡々とした物を描くのが目標です。冷淡な印象があるのはそのせいだと思いますが、それはそう描いてるのでそう感じたなら正解です…。

 銀高って、なんで?ってのが多い。だから想像するのが楽しい。



 最初の話に戻って…結局地雷ってなんだろう? 銀高が銀高じゃないのが地雷です…。ほら、ふわふわしてる…

 自分でもよくわからないもん、何言ってんのか…

 自分が描く銀高だってちゃんと銀高なのかわからないくせにねぇ。





  

プロフィール

HN:
渡屋
Webサイト:
性別:
非公開
自己紹介:
普段は、「はちとんぼ」か「八」と名乗ってる腐人です。

銀高が好きです。


カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 9 10 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

P R

Copyright ©  -- 夢百物語 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / material by DragonArtz Desighns / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]