忍者ブログ

夢百物語

昼間っから夢みがちないい年した銀高狂人の妄言・暴言垂れ流しブログ。 ブログ内容の詳細はカテゴリーの「このブログについて」をお読みください。

   
カテゴリー「銀高」の記事一覧

銀高考

ちゅ

 銀高の話なんですけども。私にも地雷?のようなものはありまして、でも別に絶対読めないとかじゃないので特に人に言う程でもないというか…。これって地雷って言っていいのかどうかも…。ふわふわした感じだからそれほどでもないのかも…。


 それで、まぁついったの鍵垢でまた銀高にセックsは必要かとか、話ふってしまって、話に付き合ってもらったんですけど、結局セックsなかったら原作だから。原作が銀高だからという結論に…


 銀高狂はこれだから…(笑)


 地雷までいかなくても、銀高狂にも拘りというものがありまして。読むだけだったら結局何でも読んでますけど…。そういう意味では拘りないんですけどね。


 銀高が好きなのか、セックsが好きなのかという話になったんですよね…。それ言ったら別にセックsなくてもいいわってなるじゃないですか、銀高狂だから。

 でも、よく考えてみて、それならもう原作が銀高なんだから、原作読んでればいいじゃないって…。あれってセックsないだけで銀高だからね…。


 あぁもう、何言ってるんだ…。


 もし、二次創作で読むなら…。原作にはない銀高を…原作にはない銀高とは…。原作がこの上無い銀高なのだから、二次創作でできる事ってほとんどない。間を埋めていく作業しかない…。

 私銀高は銀高だから、この二人にどうなって欲しいとかこうなって欲しいって欲求が少ないかもしれない…。

 ただ、なんで?って部分はある。なんでこうなったの?っていう疑問。そこは原作で語られる事がないだろうから、それの答えは想像するしかないというか。
 私が疑問に思ってる事って他の方からしたらつまらない事で…。局所的すぎて、描いてもあまり伝わる気がしなくて…。ただの疑問ですからね。私の性癖や思想を二次創作でも押し付けるつもりはないから、あくまで淡々とした物を描くのが目標です。冷淡な印象があるのはそのせいだと思いますが、それはそう描いてるのでそう感じたなら正解です…。

 銀高って、なんで?ってのが多い。だから想像するのが楽しい。



 最初の話に戻って…結局地雷ってなんだろう? 銀高が銀高じゃないのが地雷です…。ほら、ふわふわしてる…

 自分でもよくわからないもん、何言ってんのか…

 自分が描く銀高だってちゃんと銀高なのかわからないくせにねぇ。





PR

完結編



 今日はキステで映画さらば万事屋を観たんですけど、何度観ても5年後新八があまりにも変わり過ぎてて、目つき悪くなってて…。高杉に似てるなって思っちゃうわけで…。

 まぁ、環境が悪くなってやさぐれた感がありますからねぇ…新八…。あれ?高杉も?

 新八が高杉に似てる(何処が?という感じかもしれないけど、全く似て無いとも言えないような?)から万事屋に招き入れたみたいなちょっと病(闇)んでる感じだと面白いのにと黒い私は思うわけで。

 銀さんって時々我にかえるけど、大体闇だよね…。

 多分高杉以外の人とくっつけば明るい未来のような気がするよ…。なんか一緒にいちゃいけないような気がする、この二人…。

 こんな事言ってるけど銀高固定ですよ、私は…。

 なんでこんな事を感じるかって事を分析しようと思ったんですけど、最近ずっと忙しくて考えがまとまらんかった。いつか同人誌にでもしてまとめたい気がする。

 いやいや、私ごときが分析出来るとは思わないけども…。


 確か面白いツイートがあったんてすよ。「深く愛した人は未練を感じる事なく前に進んでいけるけど、愛された事しかない人はずっと引き摺る」とかなんとか…。二人はどっちだったんでしょうねぇ…。私は前者が高杉で後者が銀時のような気がする…。というか、銀時ってスッパリしてないんですよ、性格…。そうであろうとしてるけどね…。

 だから、ある意味この二人は相性最悪なのかもしれないけど。


 でも私の中では…

毎日キッスの日



 キッス一つとっても、そのキャラクターの性格が出るなぁと思いますよ…。キャラもそうだし、CPの性格というか、性質というか…?

 キスの日の記事にも書いたけど、銀高は素直にキスしてくれなくて、もしかして不意打ちキッスだったらするかもな…。三十路近い男同士のCPがそういうのするの可愛くないか…?と思ったり思わなかったり…。ただの趣味です、すみません…。

 夜叉督は機会があればちゅっちゅしてればいいと思う。というか、彼らなら出来る。出来る子達だって信じてる。

 もっと軽率に興味本位でちゅっちゅしまくって欲しいのがこぎんたかなんだけどね…。ただイチャする子供が好きなだけです…。ショタは銀高のみなんですよね、私…。二次創作でショタにはあまり興味無かったのに(地雷でもないけど)…。怖ぇ…。銀高怖い…。14歳前後のチュウニ全盛期の銀高も良い。


 八高キッスは神聖に感じる時が…何故か…。多分転生八高がそうなんだろうけど。身体の関係あってもなくても、八高キッスは胸にグサグサくる。
 エロくても全然良いんだけどさ…。なんせ教師と生徒だし。うん、改めて考えると、エロいわ。教師と生徒。体格差おもいっきりつけても許されるのが八高だと思ってる…。体格差のあるCPのキッス好き…。

 
 九蛟は怖エロが良いなぁ…。化け物同士で口吸いしたりまぐわったりするんだ…。お互い喰いあってるようにしか見えない。



 他にも現パロ(同級生や同僚)とか、金晋とか色々ありますね…。なんなの、銀高…。頭追い付かないよ…。

キスの日(5/23)



 5月23日はキスの日だったという事で、銀高キッス描こうとしてたんですけど、何故かこの二人、キスしなかったんですよ。おかしい…絵って自分でコントロール出来るものじゃないのか…?いや、コントロール出来てたら今頃もっと上手く描けてるだろうが…。

 そうじゃない…そうじゃないんだ…。

 しろって言ったらこの人達しないんじゃないのか…? だとしたら、私は絶対キッスはさせねぇって気持ちで描くべきだったのでは…!?

 ひねくれてるなぁ…。


 私の勝手な解釈ってわけでもないと思う…だって皆そう言ってたもの…。銀高界隈の絵師さまとか造形される方も…。言ってたもの…。


 そういうわけで夜叉督キッスだったら描けました。
ヤツラ結構簡単にぶちゅっとしてくれました。(笑)

 なんだろうなぁ、若い頃の方が絶対素直だと思うんだ…。例え捻くれてるって言われても、大人の捻くれ方と違って、素直に捻くれてるんだと思う。

…よくわかんねぇ…。


 今の銀高ってなんか…捻くれてるのは銀時だけなのかもしれないけど…。今だったら拗らせてるっていうの? 何かを拗らせてるのは判るんだけど、それの正体がイマイチ判らない。作者がわざとそうしてる気が…。

 高杉が最近は素直なのがいいですね…。捻くれ者と素直な人で合ってるんじゃない?お似合いじゃない?

 でも、今の流れ…昔よりも色々と期待してしまうような…。この人等殺し合って終わりと思ってたから…。58巻以降の流れが期待もたせる感じで辛い…


 

誰が為に

銀高

 わけあって、昔自分で描いた…銀高自給自足していた時代の漫画を読んでみたんですけど…。

 原作はあの頃よりずっと話が進んでいるのに、私は未だこの頃と銀高に対する認識が変わってないなーと思いました…(苦笑)。

 ずっと、高杉は銀時の為に世界を壊すとか言ってるんだろうなと思ってたんですよね…。それが銀時からしたら(表向き)余計な事だとしても…。高杉にとっては、銀時が何を一番望んでいるか判っていたんでしょうから…。

 桂も高杉が銀時の為にそうしようと思ってたんだろうってのは判ってたっぽい(一番辛いのは銀時だからって言ってたし)から、確実なんじゃないかなって。

 
 今はどうかというと、将軍暗殺編で剣を交えて少しだけ変わったとは思います。もう銀時の為だけじゃなく、もっと沢山の…銀時の周りの人間の為にもって気持ちはあると思う。以前は憎くも感じていただろうけど。

 結局全部銀時の為に戦って迷って…。高杉ってなんなんだろうなぁって…。

 皆と違う目的で刀を取ったって言ってたのは…。私は先生の為というよりは、先生を失った銀時の為って思ってるんで…(笑)。


 私的には、以前書いたとおり、聖人なんてこの漫画には居ないと思います。嫉妬したり、愚かだったり、間違ってたり。でもそれって生きてたら必ずありますからね。銀魂キャラはそうであってほしいと思う。それが似合ってる。全宇宙を敵にするって、厨二ここに極まれりって感じでいいじゃないですか(笑)。無様だった牙は、銀時によって研ぎ澄まされたって思っていいですかね…!!

 吹っ切れた高杉に対して、今銀時は何を思ってるか…。結局二人とも離れててもお互いの事ばっかり言ってるっぽい? 
  

プロフィール

HN:
渡屋
Webサイト:
性別:
非公開
自己紹介:
普段は、「はちとんぼ」か「八」と名乗ってる腐人です。

銀高が好きです。


最新記事

(07/22)
(07/17)
(07/08)
(07/08)
(06/21)

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
30 31

P R

Copyright ©  -- 夢百物語 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / material by DragonArtz Desighns / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]