忍者ブログ

夢百物語

昼間っから夢みがちないい年した銀高狂人の妄言・暴言垂れ流しブログ。 ブログ内容の詳細はカテゴリーの「このブログについて」をお読みください。

   

ちょっと最近思う事

今回はカプについて色々考えたのでメモみたいな感じで書きます。何でも平気!って方のみ読んでください…

 ワタクシ長い間腐女子という、同性愛表現にキャッキャしてしまうような性癖?持ってるんですが、当然それがキモイという方もいるのは知ってるし、そう思われても別に良いっていうか、閉じた世界に住んでるから気付いてないっていうか…。ネットでこういう話しておいて閉じた世界もなにもないとは思いますけどね。

 実はこの狭い世界にもそれなりに派閥のようなものがありましてね…。昔は少数派だったものが、今では多数派になってたりして目まぐるしいというか…。

 私は一言で表すと、「固定民」というやつらしい。
 読むのは別に拘りないんだけど、その中でも特に燃える作品があるという…。

 私は好みが凄く狭くて、なんでも食べられるけどなんでも美味しいと感じる事が出来ない体質らしい…。 たまにものっそい美味(好みの味)な作品に出会うと、滅多に出会わない為に混乱してしまう程です…。
 「固定民」の中でもかなり好みがウルサイ、「固定過激派」ってやつです。

 ツイッタではプロフに書いてしまってるんで別に隠してる事でもないんですが、この固定民というのが思った以上に悪く言われるもんなんだなーとね。最初は気付いてなかったけど、なんか薄々…。愛が薄いとか、心狭いとか言われてますね…。すでに20年程前にそういうの言い出してる方がいたから不思議ではないかも。 リバじゃないと愛が薄いっていう持論を展開してる方はいらっしゃいますね…。
 
 どう思っても自由だとは思います。例えば私の作品を見て愛が薄いと感じるのなら、その方の中ではそうなんでしょうし、好みが狭いという事は心が狭いというのも合ってると言えば合ってるんだろうし。

 作品に込められた愛なんてのは見る側の価値観が決める事なんだなーとつくづく思います。
それも間違いではないし、それでいいと思う。


 私はそもそも愛で描いてないかもしれない。ほぼ自動書記状態だから…。覚えて無い作品もある。作品に対する愛はないだろうなって。自分の作品に興味ないのかもしれない…。(だから同じようなの何度も描いてしまう)

 描いてる時に何が楽しいって、作品描いてる間はずっとそのカプの事考えていられる。勿論普段だって考えていいんだけども全身全霊そのカプに気持ちを向けられるのって原作読んでる以外では原稿やってる間が一番だと思う。私の場合は。

 だから作品を作る事自体はすごく好き。

 好きだけど、まぁ…簡単に云えば下手なのでガッカリしてしまって自分の作品は好きじゃないっていうか…。思ったように描けないというか…。技術と表現力の問題ですね。

 さっきの愛の話が本当なら、私は愛が薄いからいつまでたっても上手くならないというのも頷ける話ではないですか。
 そもそも愛がどれくらい込められてるかに興味がある方が私の作品なんぞ見る筈もなかった…。


 自給自足していた時間が長かったので、あまり人目を気にする事が出来ないというか、人に見られる事を意識出来ないというか、最初の話に戻って閉じた世界というか…。

 閉じた世界、良いですよ…。

 



 
PR
  

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
渡屋
Webサイト:
性別:
非公開
自己紹介:
普段は、「はちとんぼ」か「八」と名乗ってる腐人です。

銀高が好きです。


カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

P R

Copyright ©  -- 夢百物語 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / material by DragonArtz Desighns / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]