忍者ブログ

夢百物語

昼間っから夢みがちないい年した銀高狂人の妄言・暴言垂れ流しブログ。 ブログ内容の詳細はカテゴリーの「このブログについて」をお読みください。

   

銀高ちゅっちゅ



 銀高だけで100記事書いてやる! と豪語した私ですが、ツイッターや他ブログで話した事をまた再びここで語る事があります。
 それと、ゆっくりペースだから今年100記事いくかどうか…。何年かけても100記事は書きますよ…。

 脳が銀高脳になってしまっているのか、原作見てコレ銀高!!って考えるならまだいいとして、別の作品見てもコレ銀高!!って言ってしまうのは流石にヤバイかなと…。…でも、ツイッター見てると結構そういう症状の方をみかけるので、まだ大丈夫だと思います。皆そうなんだから、大丈夫!!
変じゃない!!(言い聞かせる)

 
 好きなエピソードの1つである、攘夷時代に遊郭にて同じ娘を指名したというアレ…。あれは攘夷4人の性に関する考え方の違いもチラッと出てきて楽しかったです…。銀時は穴兄弟ヤダって言ってる…(笑)。ハッキリは言ってないけど、ヤなんでしょ…。個人的にはデキ上がって無いカプの穴兄弟だったら結構面白いんじゃないかと思う…グフッ。

 いや、すみません…。

 あの回読んでて思うのは、何故に桂・坂本はあれ程お膳立てするみたいな話し方をするのかという…。本当に、なんでなの…?くっつけたがってんの?(笑)


 ツイッターで話した事があるんですけど、「幻月楼奇譚」という今市子先生のBL漫画で、同じ妓を贔屓にしていた男達のエピソードがあるんですけど、これの場合は同じ女の人を共有する事で、相手を束縛するという心理があったようですが…。厳密に云うと全然違うエピソードなのに、銀魂読んですぐこれが思い浮かんでしまって…。だって同じ娘指名するって…。

これ笑える話ですか…?…笑ったけどさ…。
PR

イメソン2



 またまたイメソンのお話。

 音楽を何気なく聴いてると、ワンフレーズだけでも「あ!」となる時あります。まぁ、大体他の部分はそんなに当てはまってない事の方が多いですが。

 しかも、自分がこれイメソンじゃん?と思っても、他の方とCP・キャラ・ストーリー解釈が共通とは限らないから…。


 今回も自分解釈で突っ走らせて頂きます。


 もう解散されてる方達ですが、椿屋四重奏は今聴いてみると結構…。銀高っぽい曲多いんじゃない?と思ってます…。銀魂も椿屋さんもほぼ同時期にハマって、10年は経つのに考えもしませんでした…。何故か。最近また椿屋さんに再ハマリしてよく聴くようになったら急に「あれ?」となったわけでして…。

 ツイッターに「成れの果て」の事を攘夷銀高っぽくないですか?って書いたら、なんと同タイトルの銀高本がある事を教えて頂いて…。しかも本作った方がやはり椿屋四重奏の曲名からタイトルを…と書いていらっしゃるということで…。ニヤニヤが止まらない…。


 「成れの果て」は銀時視点とも言えるし、高杉視点とも言えるような感じです。

 私としては、あの攘夷時代の思い出が、戦争中であったにも関わらず、彼らにとって悪い思い出だけだったのかという事を考えると…、そればかりではないような気がして…。少なくとも彼らは勝つという希望を持って戦っていたのだしなぁ…。先生を取り戻せると思ってた。だから苦しい戦の中でも「泥にまみれた幸せ」なのではないかと…。



 他の曲では、「空中分解」とか「終列車」も…。どちらも結構…もしかしたらケンカっぷるなら当てハマるんじゃないかと思いますよ…(笑)。ちょっと激しめの曲ばかり選んでしまいましたが…。他にもワンフレーズが合ってるんじゃない?というのもありますけど…。あとは銀高にこうなって欲しいという願望みたいな曲とか…。

 いや、椿屋さんお前お前言うからね(歌詞が)、多分そのせいというのもある…。


赤いリンゴ



 某雑誌のアニメ銀魂声優インタビューで、子安さん(高杉)が他の攘夷メンバーの事をどう思っているかという質問に対しての答えが面白くて…。他の方も面白かったですけど、なんか不思議?な…。その記事をSさんに見せて頂いて…楽しかったです…。


 桂が滝で、坂本が森の小鳥。そして銀時は「赤いリンゴ」。

 謎過ぎて面白い。ツイッターではこの答えに対しての分析が色々されていて、楽しかったですよ~。私は…まぁ、「リンゴの歌」が思い浮かんでしまって、ナニソレ可愛い!って思ったんだけど、家人は何故か「りんご追分」思い付いたと。赤いリンゴって歌詞に入って無いんじゃ?(笑)。※ちょっと悲しい歌詞です…リンゴ追分…。


 思い浮かべた事は人それぞれ。花言葉を調べた方もいらっしゃって…。私も慌てて検索しました。ネットって便利! だって立って歩いて花言葉の本探すの億劫だったから…(滝汗)。

 いくつかあって、木と花で言葉が違うとか書いてある場合も…。まぁ、大体共通していて気になった言葉を上げていくと、「選ばれた恋」「最も美しい人へ」「誘惑」。そして「後悔」。

 誘惑は多分創世記の話からではないかと書いてありました。イヴ(エバ)がサタンに誘惑されて、禁断の果実を食べてしまうという、有名な話ですね…。ここから、高杉にとっては銀時が「禁断の果実」なのではという話も出てきていて、それはいい響きだ~ニヤニヤ、と。

 白雪姫のリンゴというのも面白い。毒? 確かに毒のような人ですよね。少量なら薬にもなるけども、幼い頃から高杉は銀時という毒にあてられて…。銀時が毒なんて!!と怒られるかもしれませんが、私の中ではそういうイメージです…。健全な少年漫画の主人公の皮を被ってるように見える。…まぁ、色々とやらかしましたし?(笑)

 一番気になったのが「後悔」ですが…。銀時に対して後悔があるというのなら…間違いなくあの頃(攘夷時代)のあたりでしょうけど、高杉は自分がやる事に後悔はしないんじゃないかと思いますので…。58巻のあのあたりは、ただ銀時の口から、何でもいいから聞きたかったのかもしれません…。


 そうそう…締めとしてこの話も。当然同じ雑誌で杉田さん(銀時)も同じ質問に答えてまして。高杉の事は「答えたくない」そうです(笑)。

まだ描けていないか。



 いつも目標にして描いてるのが「アカラサマ」な銀高なのですが…。どうやらまだ全然描けていないようです…。

 某所でまだタカギンのタグがついてる…!と、昨日チラッと見てきて、悔しくなってね…。いや、付けた人は悪くないです…。私の画力と表現力がイマイチなだけで…。


 言い訳になりますが、私はどうも高杉の方に包容力を求めていて、甘える銀時を描きたいと思っている為、それが銀時受け感出してしまってるような。

 抱かれるって結構包容力必要な気がしません…?しない? 特に男同士なわけだし? 別に銀時に包容力が無いと思っているわけではなくてですね…。いつも何かを必死な表情で守ろうとする銀時なので…。この人はいつ甘えて自分をさらけ出す事が出来るんだろ…と考えると、やっぱり村塾メンバーとか、攘夷メンバーにしかそういう所見せられないんじゃないかと勝手にむくむく妄想が…。

 …受け感しかない銀時の話してる…。


 高杉に包容力があって欲しいと思うのは、やっぱり隊を率いる人物として、当然あるべきだと思うんですよ、統率力も。

 ほら、またこうであってほしい、こうであるべきが始まったよ…(苦笑)。


 私の言ってる事等気にしないでくださいまし…。たいした事言ってないんで。考察する腐女子でもないですから…。

 色々と考えてるふりして、ただ銀高が好きなだけですから…。銀高にしたいだけですから…。
 

イメソン



 あまり他ではイメソンの話しないようにしていましたが、ここでは話してしまおう…。好きじゃない方もいらっしゃるかもしれないし…。っていうか、何より「えー、合わない」って言われたら私が凹む(笑)。…という事で、あまり真剣に読まず、そんなもんですか?くらいの気持ちで読んで頂きたいです。

 ※絵は去年描いたラクガキです。だからよく覚えていない…。今HDの中覗いたらあった…。


 八高のイメソンだなと思ったのが、スピッツの「正夢」なんですけど、転生八高っぽいな!と。久し振りにスピッツ聴いてたら、結構八高向けの曲多いんじゃ?と思いました。

 結構ツイッタの裏アカでは好き勝手話してて、この話ふったら自分があまり考えなかった見解が聞けたりして楽しい…。基本私は物事を深読みしないので。ただポロっと話した事がふくらんでいくのがいいなと。

 「正夢」は、昔聴いた時、怖いなって理由もなく思ってました。その理由がなんとなく判った気がする…。

 そして、何故自分が怖いと思った曲を八高のイメソンだと言うのかと…。私が八高に抱いてる印象って、そんなに明るくなくて…。転生はね。
 転生してこそ楽しく明るく生きればいいのに、なんかあの人達…また同じ道辿るんじゃないかと思う不安感があって…。態とそうしそうで…。あ、転生前はくっついてない事が前提です。

 なんかこれだけ銀高銀高言ってるけど、時々我にかえる腐女子なので、くっつかないのは当たり前だしw、二次創作でもくっつきそうにないと感じてしまう。

 普通に聴けばいい曲なんですよ、「正夢」。勝手に怖く感じただけで。多分『ずっとまともじゃないってわかってる』って所で、おや?と思ってしまったのかも。

  

プロフィール

HN:
渡屋
Webサイト:
性別:
非公開
自己紹介:
普段は、「はちとんぼ」か「八」と名乗ってる腐人です。

銀高が好きです。


最新記事

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
19 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30

P R

Copyright ©  -- 夢百物語 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / material by DragonArtz Desighns / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]